縁センターとは 会員募集中 事業計画 滋賀の縁認証事業 子ども食堂MAP モデル事業

フリースペース

 地域のなかには、さまざまな事情から学校に行きにくくなっていたり、家庭のなかに安らぎがなかったり、また子どもらしく大人に甘えることができなかったりといった状況にある子どもたちがいます。こうしたさびしさやしんどさを抱えている子どもたちを見守ってくださる地域の方たち、関係機関の方たちからは、地域で子どもを支える場がもっともっと必要という課題提起がありました。フリースペースは、24時間人がいて、あたたかいご飯があって、お風呂がある地域の社会福祉施設を拠点に、さびしさやしんどさを抱えている子どもが、安心して信頼できる大人とのびのび過ごせる夜の居場所です。
 県教育委員会が市町に配置したスクールソーシャルワーカーや子ども・家庭にかかわる専門職がフリースペースのつなぎ役となり、保護者や子ども支援にかかわる関係機関と利用の調整を図ります。フリースペースにつながった子どもは、週に1回夕方から夜の時間を地域のボランティア等の大人と1対1のかかわりの中で過ごします。ボランティアでは対応が難しく、個別的なかかわりが必要な場合は、子どもとかかわるワーカーが対応します。子どもの背景にある家庭の困りごとやボランティアの発掘、呼びかけは地元の社協や行政と連携するなど、困っている子どもを真ん中において、高齢や障害等の社会福祉施設、スクールソーシャルワーカー、地域のボランティア、社会福祉協議会、学校、教育・福祉行政等がひとつの運営チームをつくり実践しています。

 
フリースペース開設場所 H29.10現在
現在5市(大津市・彦根市・栗東市・甲賀市・高島市)、10施設でフリースペースが実施されています。
 
①フリースペースカーサ H27.3~
【特別養護老人ホーム カーサ月の輪】

③フリースペースせせらぎ H27.9~
【特別養護老人ホーム せせらぎ苑】

⑤フリースペースアイリス H28.2~
【特別養護老人ホーム 近江舞子しょうぶ苑】

⑦フリースペースさわのそよ風 H29.1~
【地域密着型特別養護老人ホーム さわの風】

⑨フリースペースにじ H29.7~
【特別養護老人ホーム レインボーの里栗東】
②フリースペースかなで H27.7~
【小規模多機能居宅介護事業所 時間の奏】

④フリースペースひこねふるさと H28.2~
【障害者支援施設 ふるさと】

⑥フリースペースふじの里なごみの家 H28.4~
【特別養護老人ホーム ふじの里なごみの家】

⑧フリースペースさざなみ H29.5~
【特別養護老人ホーム さざなみ苑】

⑩フリースペースゆったりH29.8~
【特別養護老人ホーム 清風荘】
 
フリースペースマップ(2017.12.12)PDFファイルはこちら
 
 
 

特別養護老人ホーム カーサ月の輪

施設長 日比晴久さん

一人でも支援を必要とする方がいらっしゃれば、その一人のために企画する。
「居場所づくり」小委員会では、地域の方からご提案いただいた、
“不登校の子ども・その親が相談できる居場所”の実現に向けて動き出しました。
滋賀県の小学校不登校児童の数は、100人あたり0.46人
(平成24年度 全国ワースト2位)。
子どもやその親が孤立することが無いように、
まずは自身の所属する施設においてモデル事業として取り組みます。